補聴器の仕組みについて

こんにちは。

尼崎・芦屋・姫路・橿原の認定補聴器専門店、阪神補聴器センターです。

 

 

補聴器の仕組みをひとくちで表現すると「マイクロホン」で音を集めて、「アンプ」で音を増幅・加工し、「レシーバー」で音を発生させるということになります。

 

 

 

「マイクロホン」

音はマイクから補聴器に入ります。補聴器は非常に小さく、搭載されるマイクも可能な限り小さいサイズのものが使用されます。そして、高級感、高性能なマイクが必要です。補聴器の器種によっては、マイクを2つ搭載し、音を拾う範囲を調整するものもありませう。マイクは補聴器に入ってきた音を電気信号に変換する働きを持っています。変換された電気信号はアンプに伝達されます。

 

「アンプ」

マイクから入ってきた音は、電気信号に変換されてアンプに入ってきます。アンプの大きな役割は、入ってきた音の増幅です。最近のデジタル補聴器は、単純に音を大きくするだけではなく、入ってきた音の強弱、高低、方向といった様々な要素を考慮しながら増幅を行います。また、増幅する際に、不要な雑音を抑えて語音を強調させるようにすることで、より快適な聞こえを提供できるようになっています。そして、アンプで増幅、調整された音の電気信号は、レシーバーで再び音に変換されます。

 

「レシーバー」

アンプで増幅、調整された電気信号を再び音に戻し、耳に届けるのがレシーバーの役割です。マイク同様、補聴器のサイズに合わせて可能な限り小さく高性能、高機能なものが搭載されています。

 

 

 

 

補聴器の役割は、聴力が低下した人の「聞こえ」を補うこと。そういう意味では、補聴器とは「入ってきた音を大きくして伝える」機能を持っていると言えます。

 

ただし、最新の補聴器は、単に入ってきた音を単純に大きくするだけではなく、入ってきた音を細かく分析しさらに、加工して聞きやすくするという機能も持っています。

補聴器には耳あな型、耳かけ型をはじめ様々な形状とタイプがありますが、基本的な仕組みは変わりません。音を加工することで、うるさいと感じる音を抑えたり、不快に感じる音をできるだけ感じないようにします。

 

 

 

 

補聴器の事なら何でもお気軽にお問合せ下さい。ご相談・ご質問は無料です!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL